幕の具体例(暗幕・目隠し幕)

暗幕・遮光生地について
暗幕使用例_四方囲い

暗幕使用例_側面

クリスマスツリーの照明確認用の展示用暗室
殆どが通常の生地よりも厚く(一部薄いのもあります)、光が透けにくい(ポツポツとは角度により漏れてきます)。基本的に遮光率は99%以上で、人の顔の表情などは認識できないもしくは認識しづらい物です。色は黒が多い。その他の色もあるが生地の間に黒字が挟まっている構造になっているため黒っぽく見えます。
そのため白い暗幕地でもグレーのように見えます(ウレタンコーティグなどされている物は除きます)。難燃加工もし易い素材であるためと思われるが素材としてはポリエステル素材が多い(使用される場所の関係上、防炎加工・難燃品が求められることが多い)。ちなみに白地の遮光生地は透けませんが、光の光源はボンヤリと映し出されます。そのため完全遮光にしたい場合にはあまり向きません

暗幕の使用例について
劇場(舞台)・映画館など常設用
舞台(ステージ)では目隠し幕として、見せたくない部分に暗幕地を設置・張るような使い方をします。また演出上によって生地の光沢感を嫌う場合があり、その場合には綿素材の物を使用します(撮影スタジオも同様のケースがあります)。そのため綿素材を使用する場合は防炎についてはあとから防炎加工を施す対応になります。映画館ではスクリーン脇の部分や壁回りの隠し幕として使用します。こちらはポリエステル素材の難燃品を使用されることが多いです
研究室・実験用暗室での使用
生地はポリエステル素材の難燃品を使用することが殆どです。生地縫製は設置しっぱなしになるか、使用する時だけ設置するのかによって作り方が変わります。簡易に暗室にしたい場合には生地だけをご購入頂くこともあります。研究施設向けに型枠に合わせて特注で製作します
イベント会場での使用
コスト重視で暗幕地を選ばれるケースも多い。また設置する大きさにより生地の取都合が変わるため一概に安価な生地だから安く製作できるとも限りません。会場の壁の隠し幕としても使用することがあります(特に出入り口のドア開閉で光が入り易い場所)

暗幕生地と普通の生地での透け具合の比較
暗幕スエード
弊社暗幕スエード
天竺
天竺(綿100%)
光の漏れ具合が一目瞭然です。特に光が差す場所の場合は顕著に現れます。逆に言うとテーブルクロスの腰布とかであれば中から光が差さないので天竺などでも大丈夫です。上記のような暗幕生地を使用する以外に生地を2枚合わせで縫い付ける無双縫いという手法で、幕・カーテンを製作し透けさせないようにすることもできます

暗幕生地販売について
Yahoo!ショップ店(生地販売コーナー)楽天市場店(生地販売コーナー)でも販売しております

主な暗幕生地にについて
下記一覧は弊社で主に使用している暗幕です。これ以外にもお取扱いはあります。詳しくはこちらをご覧下さい。また生地のみの販売から製品加工しての納品も致しますので、お見積り依頼などお気軽にお問合せ下さい
品名 サイズ
T1850難燃暗幕 185cm×50m乱
7344カネカロンツイル 195cm×50m乱
6337綿カツラギU防炎品 150cm×50m乱
6337綿ツイルU防炎品 110cm×50m乱
4015リンクス(難燃) 150cm×50m乱
暗幕85000防炎両面サテン 185cm×50m乱
センシア 100cm×50m乱
シルバックU 120cm×47m乱
サンレモ 100cm×50m乱
ハノーバー 144cm×50m乱
暗幕スエード 150cm×50m乱
難燃遮光スエード 187cm×50m乱
遮光両面スエード 110cm×50m乱
暗幕スエード(防炎品) 100cm×50m乱

商材別>暗幕
株式会社古川商店
〒103-0007東京都中央区日本橋浜町2-13-3伊藤ビル2階
TEL.03-5623-0601、FAX.03-3639-3607
mail tkfr@ka3.so-net.ne.jp
営業時間 平日9:30-17:30
※土日祝日・夏季・年末年始休業日あり