幕の具体例(天井幕)

布地での天井幕
英国紗_天井幕 英国紗_天井幕 天井幕
天井幕を製作する場合左図のような透ける生地を使用した紗幕としての役割か暗幕地を使用した簡易暗室を作りたい場合が多いです。室内で布製天井幕を張る場合は照明の効果を上げる役割を担うために設置することが多いです。そのため白地を使用することが殆どです。また天井幕はフラット状に生地を張ることが多いですが、ウェディング関連ではヒダを付けて中央で絞るような仕様にすることもあります(その中央部からシャンデリアを吊るす演出)。天井幕を装飾の一部にする場合にストレッチフォルムで表現する場合もあります。部分的に暗室を作りたい場合にはトラスなどで骨組みを作り、そこへ暗幕をBOX型で縫製した物を被せる仕様にしたり、それぞれの面に別パーツとして張れるように風呂敷状に製作することがあります


天井幕 披露宴会場_天井幕 暗幕使用例_側面
生地を天井幕としてトラスなどの櫓の天井部分に設置する・施設の天井に直接設置する場合、会場・施設によってはメッシュタイプの生地の目が粗い物でないと消防の監査が通らない場合があります。それは天井・床からの距離であったりスプリンクラーの位置など会場・施設によって状況が変わるため、その会場・施設を管轄する消防署に確認する必要があります。特に暗室にしたい場合の暗幕地を使用する予定の場合は用途的にメッシュタイプの生地も使用できないため注意が必要です。また設置自体が可能でも生地が難燃品もしくは防炎加工を施していないとダメな場合もあります。設置場所とともに事前に確認して頂ければ設置時・設置後に問題になることもないかと思います。このあたりの問題は状況によって全て異なるため弊社では判断できかねます。予めご了承ください

ターポリン天井幕
トラスなどで櫓(やぐら)を組んだ天井部分に被せるターポリン幕(天井幕)の縫製・ウェルダー加工した製品を納めることができます。ハトメ加工をする場合にはロープ縫込みなど補強することも可能です。ターポリンにインクジェットプリントを施した物を天井幕として製作することも可能です。ちなみにターポリンで天井幕を製作する場合には屋外での使用がほとんどです。イベント会場内・施設内での設置の場合には生地同様天井に設置されているスプリンクラーなど消防法の問題もありますのでその会場を管轄する消防署に確認する必要があります。ターポリンでもメッシュ状であれば問題ない場合もあります。メッシュターポ(ターポメッシュ)も生地のみ手配・縫製・ウェルダー加工も可能です


天井幕で使用されている生地
照明効果を上げるために使用する生地は紗幕と同じ生地が多いです。布の柔らかさを強調する場合に2WAYストレッチの伸縮する素材を使用することもあります。暗室用としての天井幕の場合は遮光性の高い生地を使用することが多いため、ただ黒布であれば何でもよいというケースの方が少ないです。会場が上から見える場所の場合に目隠しとして生地を張る場合には普通の生地を使用することがあります
品名 サイズ
英国紗(WH・GR・BK) 10.97m×65m乱
難燃ボイル 200cm×60m乱
300cm×60m乱
9ゲージメッシュ 100cm×50m乱
300cm×25m乱
2140スパンボイル 150cm×50m乱
2022オーガンジー 140cm×58m乱
難燃オーガンジー 150cm×55m乱
6300エステルオーガンジー 122cm×50m乱
810寒冷紗 106cm×100m乱
800寒冷紗 228cm×50m乱
400寒冷紗 111cm×100m乱
難燃スムース 150cm×46m乱
ハイニットスムース(難燃品) 150cmx45m乱
2WAYストレッチ 150cm×50m乱
広巾2WAYストレッチ 200cm×50m乱
難燃遮光スエード 187cm×50m乱
センシア 100cm×50m乱
ハノーバー 144cm×50m乱
英国紗は輸入品のため在庫がない場合にはお時間が掛かる場合があります


商材別>天井幕
株式会社古川商店
〒103-0007東京都中央区日本橋浜町2-13-3伊藤ビル2階
TEL.03-5623-0601、FAX.03-3639-3607
mail tkfr@ka3.so-net.ne.jp
営業時間 平日9:30-17:30
※土日祝日・夏季・年末年始休業日あり