取扱い資材の一覧(テント地)


テント地の加工
ターポリンや下記のテント地を使用してボックスカバーや横断幕・天幕などの縫製加工も1枚より承ります。屋外イベント用などの製作実績もあります。テント地の加工方法は、ウェルダー加工・縫製加工のどちらも対応可能です。仕様もハトメ加工からロープ縫込みやVヒモ付けまでご指定できます。形状やサイズがオリジナルの物を製作することが多いので、製作方法や仕様について細かな指示を頂いての製作やこちらでお任せでの製作でも対応致します。お任せの場合、設置箇所や期間・用途によって作り込みが変わりますので、その辺りは打合せの上決めさせて頂くことになります

テント地類
下記以外のメーカー・品番もお気軽にお問合せ下さい
品名 サイズ 色数
ターポリン 188cm×50m乱 16
シャガール 120cm×50m乱 20
ファイアアシスト 152cm×50m乱 15
オアシス 103cm×50m乱 6
サハラ 103cm×50m乱 7
アクベス 94cm×50m乱 17
テイジンテトロンテント 94cm×50m乱 33
パスティ 94cm×50m乱 20
ニューパスティ 94cm×50m乱 28
クールテント 94cm×50m乱 41
キャンテリア 94cm×50m乱 12
アキレス フラーレ 0.15mm×183cm
0.3mm×137cm
0.3mm×183cm
0.5mm×183cm
透明
アキレス フラーレ 0.3mm×183cm
ES500F 137cm×50m乱 18
ES85 137cm×50m乱 11
ボンガード35 187cm×50m乱 18
ボンガード50 187cm×50m乱 13
防炎品の透明素材は、素材に薄く『防炎品』と表記があります。これはイベント会場で防炎品でない商品を防炎品と謳っていたことが横行したために、このような対応になっています

テント地のプリント
インクジェットプリントかシルクプリントになりますが、現状ほとんどはインクジェットプリントになります。ターポリンでも両面印刷用の生地もあり、両面プリントする際には専用のターポリンを使用します。ターポリンは通常180cm幅なので、殆どのプリンターは180cm幅まで対応可能ですが、一部大型懸垂幕用で5m幅まで対応可能なプリンターもあります。プリントデータは昇華転写同様、写真データの場合には原寸大で120dpi以上あると概ね綺麗に出力できます。ターポリンに出力する場合には、高所などに設置することも多いので、至近距離で見るものではないため、多少データの解像度が高くない場合でも大丈夫なケースもあります。判断基準はお客様によって変わるので一概には言えない旨、予めご了承下さい


生地のみの販売から生地とカットのみや縫製加工も行っております。商品により条件が異なります
株式会社古川商店
〒103-0007東京都中央区日本橋浜町2-13-3伊藤ビル2階
TEL.03-5623-0601、FAX.03-3639-3607
mail tkfr@ka3.so-net.ne.jp
営業時間 平日9:30-17:30
※土日祝日・夏季・年末年始休業日あり