生地(布)へのプリントについて

プリントのみお請けすることが可能です。生地の種類やプリントしたいデザイン等によってプリントできる手法が変わります。アパレル・ユニフォーム製作業者・デザイナー向けに1m・1枚からプリントのみ・生地手配からプリントまでをお請けすることもできます。生地問屋だからこそ再現可能なプリント手法であったり、生地の選定が提案できます。持ち込み生地でも、プリントデザイン・使用用途からプリント手法を提案しお請けすることができます

生地へのプリントについて
紙のプリントでも紙の種類によってプリントの仕上り具合が違うと思いますが、生地は更に表面の凹凸感が紙以上にあるため、生地の種類によるプリントの仕上り具合に差がでます。素材によってプリント条件が変わってきます

プリントの種類について
生地の種類・仕様・条件によりプリント方法を変えます
シルク印刷
【基本事項】
プリント色数:1色ずつ1版必要
プリントサイズ:80cm×150cmくらいまで
プリント可能生地:綿・麻・ポリエステルなど
単発の場合、版は保管せず破棄
インクには水性と油性がある
オートスクリーン顔料プリントという手法もある
【長所】
在り物の色が付いている生地にプリントが可能
枚数が多くなると単価が安くなる
1000m以上の場合はオートの機械で可能
プリント面が凸になるので風合いが良い
【短所】
期間が経つとインクがボロボロになることがある
版のグレードにより単価が変わる
高密度素材にはプリントができない
プリントの乾燥後、縮む可能性がある
【用途】
Tシャツ・はっぴなどの名入れプリント
綿素材でのクッションのロゴプリント
旗・のれんなどのロゴプリント
転写プリント(圧着転写)
【基本事項】
150度以上の熱に耐えられる生地にプリント可能
シール製作と同じ過程
枚数による単価変動はあまりない
プリントサイズは45cm巾まで
カッティングシートと同じ要領
【長所】
サイズ・カットライン形状により単価が変動
色物生地にプリントが可能
色の再現性が高い
色数が多く・枚数が少ない場合にメリット
プリントできる可能性が一番高い
【短所】
プリントの圧着が剥がれることがある
1mm以内の線をカットし圧着することは不可
シールを添付したように見える
全てが切り抜けるわけではない
(縁どりをしなければいけないケースがある)
【用途】
コスチューム・ユニフォームなど
昇華転写プリント
【基本事項】
ポリエステル生地にプリント可能
フルカラープリントが可能
【長所】
素材感を損なわない仕上がり
原反そのままプリント可能
プリント色数が多く小ロットの場合安価
【短所】
160cm巾以上の生地のプリントは不可
※メーカーによって180cmまで
白(晒)の生地でないとプリント不可
データにより色校正に時間が掛かる
【用途】
テキスタイルプリント
オーダーメイドユニフォーム用プリント
抱き枕カバー・クッション用プリント
のぼり・タペストリー・バナー用プリント
インクジェットプリント
【基本事項】
インクを直接生地に吹き付ける
対応生地でないと上手くプリントできない
【長所】
小ロットの場合フルカラーでも短納期で可能
綿・シルク素材でもフルカラープリント可能
ターポリンの場合5m巾までプリント可能
【短所】
生地によりにじみ部分が気になる
生地の下処理を施さないとプリント不可
(後処理も必要)
乾燥後生地がシワシワになることがある
【用途】
テキスタイルプリント
アパレル商材用プリント
上記以外にも、顔料染め・本染め・反応染め・オフセット印刷・グラビア印刷などがあります
既製品へのプリントは位置・サイズにより可・不可があります

テキスタイルプリントについて
弊社では生地問屋のメリットを活かし希望される生地を探す所からお手伝いさせて頂きます。通常プリント業者は自社で在庫している生地にしかプリントしないため選択肢が限られてしまいます。そのため使用する生地やプリントするデザイン・色数などによりプリント手法の提案も含めてさせて頂きます。もちろんその生地を使用してクッションカバーなど弊社製作可能な物は製品にして納めることも可能です

特殊な生地でもプリントできるのか?
ストレッチ素材やジョーゼット・オーガンジーなどの透ける素材など特殊な生地にも条件によりプリントは可能です。ただし、多くのプリント工場で上記のような生地にはプリントしていないことからも手間がかかり、かなり難しい作業になります。その辺りをご了解頂いた上でないと特殊な生地へのプリントはお受けすることはできかねます。予めご了承下さい

プリントの色指定について
パントーン(pantone)やディック(DIC)などのカラーチップから選んで指定して頂くことが多いです。もしくはパンフレット・カタログ・封筒・名刺など清刷りしてあるものをお借りして色合わせすることも可能です。

プリントデータお預かりについて
アドビ社のイラストレーターで製作したデータをご用意下さい。また拡張子は「ai」「eps」「pdf」にてお願い致します。写真データ(JPEG・GIFなど)をそのままプリントすることも可能ですが、原寸大で120dpi以上の解像度がないと鮮明にプリントが出来ません

プリントの版・データの保管について
プリントの版は毎月や2ヶ月毎など定期的にご注文頂ける分のみ長期保管いたしますが、通常は1ヶ月〜3ヶ月以内に破棄してしまいます

個人のお客様からのプリント依頼
著作権・肖像権が生じるプリントをするのには権利者の了承・契約が必要になります。そのため特に確認の難しい人物の写真については、上記以外にプライバシーの問題もあり個人のお客様からのプリントを含めた製作はできかねます。それはこちらで肖像権・著作権・商標・意匠登録などデザインに関する権利関係が判断できないためです。法人のお客様でもご確認させて頂く場合があります。また賠償責任などの問題が発生した場合は弊社では責任を負いかねます。予めご了承下さい
株式会社古川商店
〒103-0007東京都中央区日本橋浜町2-13-3伊藤ビル2階
TEL.03-5623-0601、FAX.03-3639-3607
mail tkfr@ka3.so-net.ne.jp
営業時間 平日9:30-17:30
※土日祝日・夏季・年末年始休業日あり