Cafe talk

2011.09.29
『ホームファッション#03【抱き枕】』

今ではいろいろな使用用途を想定した物が出てきています。一般的に使用されているのはリラックス効果を謳った商品が店頭に並んでいます。その中でも腕をまわして抱えることを主眼にした物や足もからめて使用できるロングタイプまで様々です。あとは抱え易いと思われる形状にするなど。

また妊婦さんは仰向けで寝づらいので横向きになるときにお腹が圧迫されないような形状になっているものもあります。その上ある程度抱えた時に安定感が必要になるため多少硬めでしっかり抱えられる生地・クッション材の方が使用していて楽だと思います。その点は一般的な使用目的とは少し違うかもしれません。

クッション材としてはポリエステル綿が一番多いと思いますが、それ以外には低反発ウレタンや発泡ビーズを使用した物もあります。サイズ的にも大きいため容積に占める比重を考えた場合にポリエステル綿が一番コストメリットがあるためと思われます。サイズも短い物でも90cmはあり、長い物だと190cmくらいまでありますから。

サイズでいうとアニメキャラクターのフルカラープリントや有名人の写真プリントなどでは等身大に合わせたサイズにすることもあるので、その場合には150cm〜180cmくらいが多いかもしれません。このことからお店で購入してこの大きさの物を持ち帰るよりも通販で購入した方が便利な商品でもあるかもしれません。

アニメのキャラクター物に関しては抱き枕カバーのみの販売をされるケースが殆どですから、こちらは店頭やイベント会場で見て購入し易いというのもあるかもしれません。側地の素材も使用用途からもある程度触り心地の良いスムース系などストレッチ性がある素材が使用されることが多いです。

またストレッチ性がなくてもサテンやポリエステルスエードなどツルツルした感じの素材が好まれているように思います。そのためキャンバスや帆布などザラザラした感じの生地は殆ど使用されていません。ただこれは抱き枕を抱えて寝る人が、一番リラックスして使用できる素材や形状・プリント出力されているものが良いと思うので一概には言えませんけど


Cafetalk一覧
<枕の選び方>
#01【高さ】 #02【お手入れ】 #03【その他】
#04【番外編】 #05【大人と子供】
<ビーズについて>
#01【特徴】 #02【使い方】 #03【イメージ】
#04【粒の大きさ】
<不眠>
#01【睡眠時間】 #02【体のバランス】 #03【睡眠環境】 
#04【無呼吸症候群】
<枕の中材>
#01【ポリエステル綿】 #02【そばがら】
#03【低反発ウレタン】
<ホームファッション>
#01【背当てクッション】 #02【シートクッション】
#03【抱き枕】

創業57年の経験と実績のもと生地手配から加工・プリント
縫製まで請負うファブリック・エージェンシー(生地の代理店)

株式会社古川商店
〒103-0007東京都中央区日本橋浜町2-13-3伊藤ビル2階
TEL.03-5623-0601、FAX.03-3639-3607
mail tkfr@ka3.so-net.ne.jp
営業時間 平日9:30-17:30
※土日祝日・夏季・年末年始休業日あり