本文へスキップ

創業63年の経験と実績のもと生地手配から加工・プリント
縫製まで請負うファブリック・エージェンシー(生地の代理店)

TOP古川商店のメリット>古川商店の強み
強み

生地に関する強み
古川商店は生地問屋として最終納品先は有名老舗百貨店様や有名ホテル様(ここで社名を出せば殆どの方が知っている名前ばかりです)にご注文を頂いた布地のみを販売しておりました。もちろん時代背景とともに防炎加工を施さなければいけないとか、シャワールームで使用するカーテンだから撥水加工が必要だとか、病院で使用するのに防菌防臭加工が必要だとか、その都度お客様のニーズに合わせて対応してきました。そのニーズに応えていくと自ずと製品まで製作する必要性が生じます。生地屋ですので、布地を扱うことには経験と知識があります

弊社の場合、生地問屋でもこの布地のみ・特定業界向けに特化しているというモノがありません(生地屋は得意な分野・商品を持っています。綿素材に強いとか)。お客様のニーズは昔から多種多様です。現在の仕入れルートから入手できないモノはその都度ルートを探します。そのことが幸いし布地製品を製作するのにもサポートして頂ける仲間が多いので、どんどん製作する品目も多くなっているのは昔から変りません。と言うよりも現在でも日々増えています

最初に記載しました通り百貨店様のディスプレイに弊社お客様を通して携わっているので、かなり凝った1点モノを製作することにも慣れています。今日の時代背景とともに弊社のお客様の大半はディスプレ業と言われる会社さんが多くなっているのも事実です。簡単なテーブルクロスやカーテンなどは直接大企業からもお問合せを頂いております。しかし古川商店が携わってきた業者さんを上げてみても、

 インテリア会社・設計事務所・現場施工会社・建設会社・ホテル・百貨店外商部
 店舗設計会社・什器リース会社・紙印刷会社・商社・IT企業・ディスプレイ会社
 デザイン事務所・広告代理店・SPグッズ企画会社・アパレルメーカー・
 各種メーカー・舞台設営会社・人材サービス会社・資材販売会社など
いろんな所でいろんな形で関わっています

ただし古川商店が製作する商材については形状こそ違えど、そんなに初めてみる商材というのはあまりないのが現状です。(普段携わっていないお客様から見ると布製品は新鮮みたいですが・・)。そして、初めて見るデザインをいかに現実のモノとして表現するか常に製作する時には求められてきました。初めてのモノ・新しいモノを求められることに抵抗はないのです。またそのようなニーズに応えてくれる協力会社さんのサポートがあってそこに弊社の今まで培ったノウハウ・アイディアを注入し製作していきます。恐らく単価のみを追求して、工場に直接発注すれば安く製作できると思います。それには条件もあって、その工場がその商品を製作したことがないとダメです

また工場に新しいモノを製作する場合には、仕様書から製作工程管理・品質管理・納期管理が必要になります。工場も初めて製作する物は不安が付きまといます。その部分を弊社の経験から解決策を探ることにより安心感を与え製作してもらえる環境を作ります。布地という特異性のある分野は、弊社にアウトソーシングして頂ければ、御社は本来の業務をこなす時間が生まれます。古川商店では常に協力して頂ける工場さんに複数商材をお願いしていることから管理作業も含め減らせるリスクや欠陥を極力なくします。御社から見るとリスクヘッジになります。しかし弊社から見るとそこに存在している意味があります。
もちろん生地問屋なので布地だけを大量に購入して頂けるお客様も大歓迎です


ここまで長文をお読み頂きまして、誠にありがとうございました

株式会社古川商店
代表取締役 古川隆生

事業領域
ディスプレイ事業