本文へスキップ

創業62年の経験と実績のもと生地手配から加工・プリント
縫製まで請負うファブリック・エージェンシー(生地の代理店)

TOP生地の基礎知識>生地規格表の見方

生地の規格表について
生地のサンプル帳・弊社HP上には通常下記のような記載の仕方をしています。※下記記載例
品名 規格 CUT 素材  防炎
310セラミカサテン 92cm×25m乱 OK 10 p100% 防炎可
@ A B 色数 C D

生地の品名
生地名の前についている品番ともに生地メーカー・問屋・商社がそれぞれ自社の管理がし易いように変えているケースがあります。そのため弊社が取り扱っている生地(商品・品番)でも品番が変わっている・品名が変わっているケースがあり初めて聞く品番・品名になっている場合もあります。そのため本当に名称のみ付け変わっているのかそこのオリジナル商品なのか判別が難しい場合もあります。詳しくは『生地の基礎知識』をご覧下さい

生地の規格について
【○○cm×△△m乱】
『○○cm』は生地の横幅のサイズを表しています
『△△m乱』は生地の巻き数を表しています。【乱】と記載がある場合メートル数が前後します
【□mm×○○cm×△△m乱】と□mmと表記がある場合、生地の厚みを表しています
詳しくは『
生地の基礎知識』をご覧下さい
※生地の規格はメーカーにより機械の更新時や需要により変わることがあります

生地のCUTについて
業者間の取引では反単位(1本単位)での注文になるため生地によって1m単位で取引できるのかを表しています。生地によって全て条件が違うため記載しています。具体的に『10m』など記載がある場合は『10mまでのカット可能』という意味になります。詳しくは『生地の基礎知識2』をご覧下さい

生地の素材について
弊社HP上では下記通り表しています。これもメーカー・問屋・商社によって微妙に変わります
記号→素材名 記号→素材名
P → ポリエステル k → キュプラ
C → 綿(コットン) pu → ポリウレタン
ar → アクリル・アクリル系 w → ウール
r → レーヨン・レーヨン系 pvc → ポリ塩化ビニル
ac → アセテート pu-l → ポリウレタンラミネート加工
n → ナイロン f-pu → フッソ配合ポリウレタン
h → 麻(ジュート・ヘンプ) po → ポリノジック
s → シルク p-f → ポリエステルフィルム
sf → スフ pol → ポリエチレン
l ⇒ ラメ ppp → ポリプロピレン
al-u → アルミウレタンコーティング
※ポリエステル素材は『pe』や『t・te:テトロン』『e:エステル』として表記する場合もあります

生地の防炎について
これは弊社HP上でも一部の表記になります。カーテンメーカーのカタログやインテリア系の生地サンプル帳では防炎加工の可否・難燃素材の表記をしているケースが多いです。難燃素材については『難燃・防炎素材について』をご覧下さい。防炎加工を詳しく知りたい場合は『生地へあとから防炎加工することについて』をご覧下さい

生地の厚みについて
生地の厚みは生地を織っている(もしくは編んでいる)糸の太さによります。また同じ品名でもメーカーによって使用している糸番手が違えば生地の厚みも変わってきます。糸が柔らかく厚みでの測定ができないジョーゼットなどはデニールにて表記します
【参考データ】   
綿ブロード 0.24mm厚   綿ツイル 0.38mm厚
三巾天竺 0.35mm厚   ポリエステルタフタ 0.08mm厚  
難燃遮光スエード 0.41mm厚   ハイニットスムース 0.31mm厚
2WAYストレッチ 0.67mm厚  


事業領域
ディスプレイ事業