本文へスキップ

創業67年の経験と実績のもと生地手配から加工・プリント
縫製まで請負うファブリック・エージェンシー(生地の代理店)

TOPSales promotionクッション>クッションソファ製作
TOPOEMクッション>クッションソファ製作
TOP商材別クッション>クッションソファ製作

ソファクッションをSPや施設向けに1個から製作可能
個人向け(プリント無)にオリジル形状で1個より製作可能

オリジナル・ソファの制作について
ビーズソファ オリジナルソファはスチール・木材などのフレームを使用しないクッションソファタイプになります。フレームをご用意頂ければクッション部分のみ製作することも可能です。店舗・宿泊施設用のクッションソファ・OEM生産用・ノベルティ用など製作した実績が多数あります
キャラクターや有名ブランドロゴのプリント以外であれば個人の方でもオリジナルプリントを施したビーズソファなどを1個から製作致します。もちろんプリントなしでもオリジナルの形状・サイズにて対応可能です。生地やクッション材の希望があればそれに合わせてお見積り致します

クッションソファの形状
イメージ図を拝見させて頂いた上で製作の可否をご連絡させて頂きます
ぬいぐるみのような作り込みのものはこちらでは製作できかねます
ビーズソファ_四角柱型
【四角柱型】
ビーズソファ_円柱型
【円柱型】
ビーズソファ_ドーム型 
【ドーム(半円)型】
サイズは一辺が50cm程度から100cm程度のモノが多い。座面のみにストレッチ素材にする仕様もある   直径50cm程度から100cm程度のモノが多い。座面のみにストレッチ素材にする仕様もある   中華まん・メロンパンなどの商品形状に近づけた物が多い。フルカラーでプリントすることもある
ビーズソファ_テトラ型
【テトラ型】
ビーズソファ_ソファ型
【ソファ型】
ビーズソファ_円柱変形型
【円柱変形型】
生地を2枚合わせで製作できることから経済的な仕様。座る位置によって自然に背当て角度が変わる   木枠などの骨組みなくクッションだけでソファの形状まで仕上げてしまう仕様   前後で高さを変えることで背当て部分をつくっている。座面のみストレッチ素材にする仕様もある

ビーズソファ製作の実績例について
ビーズソファ・キューブ型 ビーズソファ ビーズソファ・テトラ型 パーソナル・ビーズソファ  オリジナルビーズソファ
・インテリアショップ・商社:販売用ビーズソファOEM生産
・宿泊施設:客室用ビーズソファ、客室用ウレタンソファ
・飲料メーカー・お菓子メーカー:メロンパン型ビーズソファ、プリン型ビーズソファ
・映画会社・広告代理店:アニメキャラクターフルカラープリント・ビーズソファ
・広告代理店・メーカー:商品パッケージ・製品と同デザインのビーズソファ
・個人向け:既製品ソファのリメイク(作り直し)・別素材でのカバー製作

クッションソファの中材
底付きせずにある程度沈み込む素材で形状を保持する下記中材を使用することが多いです
○発泡ビーズ
発泡ビーズで製作するクッションソファは側地で形状を表現しあとは発泡ビーズを充填することで膨らめて形状を表現することができます。粒の大きさは極小ビーズですと重くなりコストが掛かりすぎることからそれ以上の大きさの粒のモノ(ミニビーズ)を使用することが多い。あまり大きな物(1mを超えるサイズ)になると伸縮する素材を使用しての製作は難しいです。耐久面・形状保持などバランスが保てなくなります。また伸縮いない素材(カバー)でクッション材に発泡ビーズを使用すると砂の上に座っている感じでクッション性がない物になります
○ウレタン
ウレタン素材でも低反発ウレタンから硬質ウレタンまでオリジナル形状にカットし時にはウレタン同士を接着し、その上からカバーを被せます。また自動車やバイクのクッション部分でも使用されるウレタンチップ成型品を使用することも多いです。通常のウレタンよりもウレタンチップ成型品は耐久性に優れているため長期間の使用に耐えられます。同じ所に座っているとその部分だけ凹んで復元しなくなってきます
○ポリエステル綿
シリコン系の綿(わた)が主流になっている現在ではフロアクッションでも使用されることが多くなっています。以前のレギュラータイプは復元力が弱かったためヘタリが早く実用に向きませんでしたが、シリコン系の綿は復元力もあるため大きなフロアクッションの中材としても使用されています。ペット用ベットクッションなどの中材としても使用されています
○ウレタンチップ(粉砕品)
固形物のウレタンを粉砕してチップ状にした物。固形物のウレタン以上にクッション材としての自由度が高いためクッション形状をオリジナルにし易い利点がある。ただしカバー地が薄く柔らかい素材を使用すると側地の表面が凸凹して見た目が悪くなる場合がある
※生地とクッション材の組み合わせによって製作可否が決まることもあります

クッションソファで使用される生地
加重が掛かる商品のため基本的には厚手のしっかりした素材を使用することが多いです。綿素材であれば帆布・キャンバス系やカツラギ・ツイル系になります。化繊では合皮や起毛スエードを使用される場合もあります。クッション材に発泡ビーズを入れる場合には、独特な包み込まれる感触を出すために2WAYトリコットを使用することもあります。ただし伸縮する生地は徐々に伸縮性が衰え伸びきってしまう傾向にあります。また2WAYトリコットは生地単価も高いのと柔らかく形を保持するのが難しいため座面のみに使用したりするケースもあります

クッションソファの仕様
カバー・中袋を別々に分けて脱着可能な仕様にする場合と側地に直接クッション材を充填する直詰めタイプがあります。カバーと中袋を別々にしておけばカバーの洗濯や取替えが可能になります。またクッション材に発泡ビーズを使用している場合には中袋・直詰めタイプの側地の吹込み口にファスナーを付けておけば、あとから発泡ビーズを補充することも可能になります。2WAYトリコットだけで製作する場合には生地の耐久性も勘案してカバーと中袋の2重にすることが多いです

ソファ用クッションのリメイクについて
現在使用しているソファの骨組みをそのまま活かしてクッション部分のみを新しく作り変えてしまうことも可能です。まずは現行品のサイズを測って、現物の写真とともにメール頂ければお見積り致します。使用したい生地があればメーカー・品番指定して頂いても大丈夫です。またクッションの硬さのイメージをお伝え頂ければ、そちらも可能な限り対応致します。製作時には使用中のものをお借りしてサイズ・形状を合わせていきます

オリジナル・ソファのプリントについて
弊社の場合、形状・カバーを1から製作するので、どの位置にどれくらいの大きさ・色数など指定頂ければそれに合わせて製作することが可能です。予算の都合でタグを縫い付けるのみや逆にカバー地に全面フルカラープリントすることも可能です。生地や数量・仕様など諸条件によってプリント手法やイメージの再現方法も変わるため一概にこのプリント手法を用いるということがお伝えできかねます

クッション製作納期について
オリジナル形状でサンプルなし・プリントありで色校正なしは選択できません。製作数量が増える・プリントが複数柄・形状が複数あると納期は延びます
 ・プリントなし・形状四角・100個未満・サンプルなし⇒1~2週間程度
 ・プリントなし・オリジナル形状・100個未満・サンプルあり⇒4週間程度
 ・プリントあり・形状四角・100個未満・色校正あり⇒3週間程度
 ・プリントあり・オリジナル形状・100個未満・色校正・サンプルあり⇒5週間程度

クッションソファ専用お問合せフォーム
見積り依頼が複数ある場合はコメント欄へご記載お願いします
見積り依頼の場合は下記の①~⑭は全て回答お願いします
資料がある場合は別途メールにて送信お願いします
基本事項  』は必須項目です
御社名:
部署名:
名前:
TEL:
FAX:
住所:
住所
建物名
mail: (半角英数字)
URL:
お問合せ内容見積り依頼 お問合せのみ(コメント欄のみ記入)
①生地:
 こちらで手配 持込み生地
②生地種類:
 おまかせ 合皮 キャンバス系 ストレッチ素材
 その他
 ※生地のイメージがあれば『その他』にご記載お願いします
③生地色:
 
④生地特性:
 特になし 撥水性 抗菌防臭 伸縮性
 その他
⑤クッション材:
 おまかせ ウレタンチップ成型品 硬質ウレタン
 極小ビーズ ミニビーズ ポリエステル綿
 その他
⑥サイズ:
 縦mm×横mm×マチmm
⑦形状:
 四角柱型 円柱型 ダイカット(オリジナル)
 その他
⑧予定数量:
 
⑨プリント:
 無し
 一部:縦mm×横mm
 全面プリント
⑩プリント色数:
 無し 1色 2色 フルカラー
⑪仕様:
 おまかせ 直詰めタイプ カバー・中袋別
 その他
⑫梱包:
 1個ずつビニール袋入れ 1個ずつOPP袋入れ 適量ビニール袋入れ
 その他
⑬カートン:
 おまかせ 適量ダンボール箱入れ 適量ふとん袋入れ
 その他
⑭納品先:
 都内 北海道 東北地方 関東地方 中部地方
 近畿地方 中国地方 四国地方 九州地方 沖縄本島
 引取り その他
 ※『引取り』は古川商店(本社)のみになります
●コメント欄(上記以外の条件・仕様・ご質問など):
 
 内容確認後、送信ボタンをクリックしてください。
 

お問合せについて
ある程度情報をおまとめの上まずメールにてお問合せお願い致します。順次メール内容を確認後こちらから追加情報が欲しい場合にはその旨ご連絡させて頂きます。お電話でのやり取りですとあとで言った聞いてないなどのトラブルになる原因になるため、できるだけ記録に残る形のメールでのやり取りをお願いしております。予めご了承下さい

【※お打合せ希望について】
最近、情報収集を目的とした打合せ依頼が多いため、弊社の業務に支障をきたしております。
そのため大変恐縮ですが、お見積り・概算お見積り算出後に条件に合う場合に次のステップとして
お打合せできればと思います。お手数お掛け致しますがご協力の程宜しくお願い申し上げます

事業領域
ディスプレイ事業