本文へスキップ

創業62年の経験と実績のもと生地手配から加工・プリント
縫製まで請負うファブリック・エージェンシー(生地の代理店)

TOPFabric display>タペストリー
TOP商材別>タペストリー

タペストリーについて
ハトメ加工・ロープ縫込み(ハトメ加工の補強として)・スチールパイプやアルミパイプ・塩ビパイプの手配なども可能です。生地についても通常の布地以外にターポリンやメッシュ地も可能です。もちろん生地も通常のぼりやタペスリーで使用されないような物でも手配して製作致します。設置箇所・設置期間によってはオススメできない生地もありますこと予めご了承下さい。イベント会場のブースの脇や看板代わりとして使用します。布地で看板を製作すると持ち運びが可能になり、設置もひもで結わくだけなので簡単です。また紙とは違い使い回しが可能になります。特注品の大型タペストリーで競技場のグラウンドで広げて手持ちできるような物も製作しております。サッカーのオープニングイベント用でФ18mや10mくらいの大きさでフルカラープリントを施した物も製作したことがあります。工事・建築現場用横断幕の製作も承ります

タペストリーの仕様について
設置する場所や用途によって作り込みが変わります。また下記の仕様を複数組み合わせた形での製作も可能です。また幕類のようにVヒモを付ける仕様での作り込みも可能です。生地の左右は素材によりヒートカット加工もしくは三つ巻き縫製になります。極稀にそのままだとか切りっぱなしなどもあります。設置場所により周囲をロープ縫い込む場合もあります
○上下パイプ袋加工 ○上部のみパイプ袋加工   ○ハトメ加工
タペストリー_上下パイプ袋加工
上下でパイプを入れることで多少の風が吹いても大丈夫です。下部は重しの役目をかねています。下部のパイプ袋は裏側にポケット仕様にすることもあります
タペストリー_上部のみパイプ袋加工
室内で吊るす時に多い仕様です。屋外でこの仕様にすると風によりめくれてしまうこともあります。下部にウェイト(重し)を仕込むこともできます
タペストリーの仕様(四方ハトメ)
左右から引っ張ってテンションを掛ける場合に用いられる仕様。大きくなるほどハトメも角以外にも等間隔で打っていきます。横断幕もほぼこの仕様
○棒通し用パイプ袋加工   ○2辺チチひも付き   ○上部のみチチひも付き
タペストリー_棒通し用パイプ袋加工
誘導旗・先導旗・指導旗など旗類に多く用いられています。ただし布の場合紙と違って張り感が弱いため風とかがないと上記のような広がった状態になりません
タペストリー_2辺チチひも加工
街頭ののぼり・宣伝旗に多く用いられています。2辺にチチひもを付けることによって布が常に広がった状態になります。風が吹いてもめくれたり絡まることがありません
タペストリー_上部のみチチひも加工
これも室内で設置する際に用いられることが多く屋外でこの仕様にする場合には、生地が真ん中に寄ってしまうことがあり左右にひもを付ることがあります。街頭の場合は側面にハトメ加工をすることもあります
※パイプ袋・チチひものサイズは通すパイプの径に合わせますので、製作の際には事前に教えて下さい

タペストリーの形状について
下記の3タイプが代表的な形状です。オリジナル形状もお問合せ下さい
タペストリーの形状 タペストリーの形状 タペストリーの形状
四角 凸型 凹型

タペストリー実際の製作例
クリスマス用タペストリー
シルクプリント
(上下パイプ袋加工)

 タペストリー(四隅ハトメ加工)
シルクプリント
(ハトメ加工・四方三巻)
 横断幕_全面フルカラープリント
昇華プリント
全面フルカラープリント
(ハトメ加工・四方三巻)
タペストリー
インクジェットプリント
(上下パイプ袋加工)

特注タペストリー 特注タペストリー 特注タペストリー
特注タペストリー
(上下パイプ袋の部分をタコ糸で手縫い)
 
〇フリンジカーテン(ロープカーテン・ひもカーテン)
 フリンジカーテン(ロープカーテン) フリンジカーテン フリンジカーテン
ご希望のサイズに合わせて納品します

タペストリーのプリントについて
基本的にはご利用期間や設置場所によって変えています。また顔料染め・シルクプリント・圧着転写・昇華転写・インクジェット・オフセット印刷・刺繍とその都度変えています。地方自治体などの街頭タペストリーの入札案件などもお気軽にご相談下さい。プリントデータに関する詳細についてはこちらをご覧下さい

実際にタペストリーとして使用する生地
両面遮光スエードは屋外で両面プリントした場合に使用します。他の素材ですと表から見た場合に裏側の文字が透けて見えづらくなってしまうためです。商店街や繁華街の両面プリントいているタペストリーはこの生地を使用しています。最近空間ディスプレイ物として透ける素材(ジョーゼットやオーガンジー・ボイルなど)でプリントを施した物の製作も増えています

タペストリー製作のお問合せについて
オリジナルのタペストリーを製作するに際して下記のことを確認お願いします
@生地のイメージ
具体的に生地名・品番・色番がわかれば教えて下さい。特にそのような指定がない場合は、タペストリーに使用したいイメージ(生地の質感・色)を教えて下さい。定番品で良い場合も安価な物で良いのか撥水加工がいるのか透けず紫外線に強い方が良いのかその旨記載して下さい
A仕様(サイズ・枚数)
のぼりは定番サイズがありますがタペストリーは特に定番のサイズというものがありません。強いて言えば設置場所によって金枠のサイズに合わせて製作することがあるくらいです。その枠に合わせるためのハトメ加工の位置やパイプ袋の大きさなど確認して下さい。無地のタペストリーは少ないのでプリントを入れると思われますが製作枚数とプリント色数によって製作単価が大きく変わりますので確認して下さい
Cその他
防炎加工が必要・とにかく安価に製作したい・短納期(1週間以内)で製作したいなどその他条件があれば教えて下さい。お問合せ時に教えて頂ければその時点で弊社で製作できなければ、その旨ご返信いたします

【※お打合せ希望について】
最近、情報収集を目的とした打合せ依頼が多いため、弊社の業務に支障をきたしております。
そのため大変恐縮ですが、お見積り・概算お見積り算出後に条件に合う場合に、次のステップとして
お打合せできればと思います。お手数お掛け致しますがご協力の程宜しくお願い申し上げます

事業領域
ディスプレイ事業