本文へスキップ

創業62年の経験と実績のもと生地手配から加工・プリント
縫製まで請負うファブリック・エージェンシー(生地の代理店)

TOPSales promotion>風呂敷
TOP商材別>風呂敷

風呂敷について
風呂敷(ふろしき)は物を包むための物。古来より包む物によって大きさを変え、包み方も多彩になっています。弊社で製作する風呂敷は通常の定番品よりも『難燃素材を使用したい』『撥水素材を使用したい』『フルカラーでオリジナルプリントしたい』といった特殊な物をメインに製作致しております。そのため100枚で1枚当り100円以下などのご要望には添えかねます

風呂敷の仕様について
基本的には四角(正方形)になります。ただし弊社では定番に限らずサイズ・形状もオリジナルで製作致します。包む物によって形状を変えたい場合にはサンプル製作の1枚から対応します。通常の風呂敷は生地巾(幅)を基本としてサイズが決まっていますが、こちらも形状と同様既定のサイズにこだわらずに対応します

風呂敷で使用される生地について
基本的に包む物に使用するため薄手で柔らかい生地を使用します。厚手の生地や素材感の硬い生地ですと結ぶのが難しいため使用することは殆どありません。下記は特殊な物を製作することが多い弊社の場合として使用例を挙げているので、通常とは少し違うと思われます。風呂敷で使用されるようなレーヨン素材は以前は絹に風合いが似ているとのことで需要が多かったのですが生地メーカーが減っていることもありだいぶ取扱いは減っています
品名 サイズ 素材
シャンタン 110cm×46m乱 p100%
難燃トロピカル 150cm×50m乱 p100%
難燃ポンヂ 150cm×50m乱 p100%
アムンゼン 150cm×50m乱 p100%
綿ブロード 89・112cm×54m乱 c100%
綿シーチング 88・110cm×54m乱 c100%
イメージされている用途や名入れするイメージ図を教え頂ければ、こちらで条件に合う生地を探してお見積りを算出します
弊社は生地問屋ですので生地のみの販売も行っております。お気軽にお問合せ下さい


風呂敷の名入れについて
下記プリント手法は弊社で主に使用しているものです。他にも捺染やインクジェットプリント・刺繍も可能ですが、弊社ではあまり使用してません。また使用用途によってはプリント後に防炎加工を施すことも可能です。風呂敷の製品を持込み頂きましてプリントのみお請けすることも可能です(仕様・条件を確認しての判断になります)
シルク印刷
・プリント色数が1色ないし2色程度でサイズが80cm×150cmくらいまで
・生地が綿素材の色物を使用する場合
・ロットによっては原反のまま大きな版を使用してプリント可能
・プリント1色で枚数が多い場合にコストメリットがあります
×風呂敷の場合包むのに生地を結んだりして縛るため、縛った部分のプリントは剥離し易い
圧着転写プリント
・ワンポイント(15cm角以内)で色数が多い(写真なども可能)場合
・指定色に合わせ易い
×シールを付けたような感じに見えることがある
×シルク印刷同様、縛っていない部分にプリントすることになる
昇華転写プリント 
・最大150cm幅までプリント可能(条件により180cm幅まで)
・生地の素材感を損なわないので生地を縛ってもプリントの剥離の心配がない
・全面にフルカラーでプリントできる
×ポリエステル素材でないとプリントができない

風呂敷の縫製について
生地の選択と同様に風呂敷は生地を結ぶことを前提にしているため、生地の端の処理もできる限り厚みが出ないようにします。三巻き縫製も通常よりも細くすることでかさばらないようにします(逆に言うと生地が薄いからこそ細く三巻き縫製ができるとも言えます)。スカーフやハンカチも同様です。また場合によりメローロックすることもあります。生地の端を熱で溶かすヒートカット加工もできますが他の手法よりも早く生地がほつれてくる可能性があります
通常の三巻縫製 細い三巻縫製
通常の三つ巻き縫製 細い三つ巻き縫製

オリジナル風呂敷製作のお問合せについて
オリジナル風呂敷のお見積りに際して下記の情報をまとめて下さい
@生地のイメージ
難燃素材で製作したいとか伸縮する素材を使用したいとか具体的な生地のイメージを掴んだ上でお問合せ頂けるとこちらで生地の選定がし易いです。合わせて生地の希望色も教えて頂けると絞り込みもできます。全面・部分的にプリントしたい場合もどのようにプリントしたいのかまとめて下さい。それによっても生地の選択範囲が変わります
A数量
風呂敷のサイズと選ぶ生地によって経済的数量が変わりますが、その2つがわかればこちらで何枚単位が経済的な枚数になるのかお伝えできます。もちろん必要数量に合わせてお見積りも致します

【※お打合せ希望について】
最近、情報収集を目的とした打合せ依頼が多いため、弊社の業務に支障をきたしております。
そのため大変恐縮ですが、お見積り・概算お見積り算出後に条件に合う場合に、次のステップとして
お打合せできればと思います。お手数お掛け致しますがご協力の程宜しくお願い申し上げます

事業領域
ディスプレイ事業