本文へスキップ

創業62年の経験と実績のもと生地手配から加工・プリント
縫製まで請負うファブリック・エージェンシー(生地の代理店)

TOPSales promotion>クッション
TOPOEM>クッション


クッション・枕の種類について
弊社で製作しているクッションは主にノベルティ・OEM向けですがレストランなど飲食店で使用されるシートクッション座布団なども製作しています。またディスプレイ業界のクライアントも多いことからアイキャッチになる1個だけの特注品なども製作しています。防災頭巾は枕やクッションとは用途からして違うためこちらには掲載しておりません。予めご了承下さい

枕(まくら)製作について
モデルハウスなどで置くのに1個だけ製作したり店舗販売用にロット単位で製作したりします。生地の選定から中材の選定・形状までオリジナルで製作できます。オリジナルで考えた形状などもサンプル製作から取組ます

クッション製作について
基本的にはポリエステル綿(わた)を使用した背当てクッションかウレタンを入れたシートクッションと大きく分けて2種類に分類することが多いです。そこから使用シーンによって形状・クッション材・サイズをカスタマイズしていきます。ただし一般的には「クッション」というと背当てクッションタイプを思い浮かべることが多いようにも思います

ビーズクッション製作について
ストレッチ素材と極小ビーズの組み合わせが市販されているタイプと同じ仕様になります。30年前から発泡ビーズを扱っていますので、そのノウハウを元にオリジナル形状の物も製作致します。ノベルティ用で予算がない場合にはアームレスト用としてФ10cm程度の小さい物を製作することが多いです

抱き枕製作について
物販用では50cm×150cmもしくは50cm×160cmが主流ですが予算の都合で小さくなることも。また抱き枕カバーのみの製作も多くなっています。またバナナの形なども定番です

座布団製作について
サイズ:55cm×59cm程度が多いです。クッション材:綿も根強いですがウレタン素材を使用することが多くなってきています。本格的な座布団は布団と同じ工程で製作します

ディスプレイ用(展示用)クッション製作について
アイキャッチしてもらうために商品形状(容器の形状)にして商品と同じ印刷を施し実物よりも大きなクッションを製作することで目立たせることができます。またバックや靴など商品の下に敷くモノとして使用されるシートクッションにするケースもあります

クッションの用途について
一口にクッションと言っても使用用途によって作り込みやクッション材を変えています
○抱える・寄りかかる物
リビングのソファやベッド上でのくつろぐ際に使用されるクッション。ある程度の厚みが必要とされる
商材例:背当てクッション抱き枕起毛素材クッション
使用シーン:自宅・ホテル・飲食店
主に使用するクッション材:ポリエステルわた・羽毛・ウレタン・発泡ビーズ

 クッション(シルクプリント) ボアクッション ビーズクッション_ノベルティ ビーズクッション バナナクッション
○座る物
フローリングやお座敷などクッション性のない床に座る時に使用されるクッション。クッション材の厚みは底付きしない程度の物からソファのように腰かけられるほどの高さの物まであります
商材例:シートクッション座布団クッションソファ
使用シーン:自宅・オフィス・ホテル・飲食店・談話スペース
主に使用するクッション材:ウレタン・ウレタンチップ成型品・発泡ビーズ

 シートクッション_ブロード生地 シートクッション ビーズソファ パーソナル・ビーズソファ
○体の部分的に使用する物
体を負担を減らすために、部分的に使用されるクッション・枕。厚み・硬さ・形状はその部位に合わせて変わる
商材例:・アームレストパッド・介護用パッド・頸椎(けいつい)枕
使用シーン:自宅・オフィス・病室・施術室
主に使用するクッション材:ポリエステルわた・発泡ビーズ・パイプビーズ・そばがら・ひのきチップ

 ソフトパイル・ピロー(ネイビー)ビーズ枕 介護用ビーズクッションの6M(ストライプ・レッドオレンジ) ペアレシステムパッド・キーホール(タイプライターチェック) 痔疾患防止・床ずれ防止用ビーズクッション-ホワイト
○展示する物
商品・サービスの販促物として店舗ディスプレイの一部としてまた商品の台座として使用される物
商材例:ディスプレイ用クッション
使用シーン:店舗・イベント会場
主に使用するクッション材:ポリエステルわた・ウレタン・発泡ビーズ

 ウィンドウディスプレイ用クッション フルル

事業領域
ディスプレイ事業