本文へスキップ

創業63年の経験と実績のもと生地手配から加工・プリント
縫製まで請負うファブリック・エージェンシー(生地の代理店)

TOPSales promotionクッション>ヌードクッション(あんこ用クッション)
TOPOEMクッション>ヌードクッション(あんこ用クッション)
TOP商材別クッション>ヌードクッション(あんこ用クッション)

ヌードクッションを1個からオリジナル製作致します
支給生地・クッション材充填のみも対応可能

ヌードクッションについて
ヌードクッション画像 ヌードクッションとはクッションカバーの中に詰めて使用するクッションのことです。通常は白無地の生地使用します。色物の生地を使用するとカバーの素材・色によってはヌードクッションの側地が透けて見えてしまい、そのことでカバーを被せた時の見た目の印象が変わってしまいます。またヌードクッションはクッションヌード・中袋(なかぶくろ)・中身(なかみ)とも呼ばれています。
市販されている定番サイズは45cm角になりますが弊社ではご希望サイズに合わせて1個から製作致しますのでお気軽にお問合せ下さい。使用する素材も通常のポリエステル素材・綿素材以外にもニット素材や2WAYストレッチでも製作可能です

ヌードクッションで使用される生地について
安価なポリエステル素材や綿素材が使用されることが多いです。最近はポリエステル素材の方が安価な物が多いのと洗濯しても綿素材よりも縮が少ないので使用されることが多いです。カバーの素材のとの相性で変えることもあります。カバーが綿素材の場合、ヌードクッションの側地をポリエステル素材にした方が出し入れはし易いです。逆にヌードクッションの側地も綿素材ですと同素材同士で生地が滑らないので入れづらいです。

ディスプレイ あんこ用クッションについて
店舗ディスプレイ用に商品を陳列する際に商品そのままでは膨らみが出ない・型崩れがする場合にその充填物(アンコ)としてクッションを入れることがあります。特にカバン・帽子・クッションカバー向けに製作することが多いです。形状・サイズなど商品に合わせてサンプル製作から承ります。特注サイズ・形状の場合、何度も修正を加えながら製作していかないと完成形にもっていくのは難しいです。簡単な四角柱型や円盤状などはサイズと数量・中材を教えて頂ければお見積り算出できます


安価に仕上げたい場合はヌードクッション用側地と同じように安価なポリエステル素材を使用します。充填物とはいえ商品のあいている空間にフィットさせたい場合には2WAYストレッチを使用したビーズクッションにすることもあります。またアンコにアール(曲線)付けたい場合も2WAYストレッチを使用した方が綺麗に表現されます

ヌードクッション・あんこ用クッションで使用されている中材
○ポリエステル綿(わた) 
ポリエステル綿 クッション材で一番使用されている。通常はレギュラータイプとシリコンタイプに分類され前者は安価に製作する場合、後者は反発力があり丸洗いに対応できる。両方を混ぜて製作することも可能。あんこ用クッションでは荷重が掛かり続けるとヘタリ易くなります
○発泡ビーズ (※発泡ビーズの販売はこちら) 
発泡ビーズ カバー地も2WAY(縦横方向)に伸縮する素材を使用しヌードクッションの側地も2WAYストレッチを使用しないと良さが全く活きないためコスト重視の場合には向きません。あんこ用クッションではミニビーズを使用することが多いです。またクッション形状をドーム型にするのに適しています
○ウレタン
ウレタン シートクッション用のヌードクッションとして使用されます。コスト重視の場合は側地を使用せずにそのままカバーに入れる場合もあります。またウレタン自体に色がついていることが多くヌードクッションの側地もそれなりに厚くないとウレタンの色が見えます。あんこ用クッションでは四角の型にピッタリ合わせたい場合に向いています
○パンヤ
パンヤ ポリエステル綿と比べ弾力性は弱くポリエステル綿よりは硬く感じる。ヌードクッションのクッション材としては最近ではあまり使用されていない(コストが掛かるため)。あんこ用クッションでは殆ど使用されていません
上記以外にもコルマービーズエラストパイプ(活性炭・フラボノイド)・どんぐりコルマ・お茶コルマ・イオンコルマ・キトサンパイプ・Vトルマリン・V2消臭GN・クリンコルマ・・純綿・真綿なども取り扱っています
 発泡ビーズひのきチップ洗えるそばがらソフトパイプコルマビーズポリエステルわた
【枕のペアレYahoo!ショップ店楽天市場店】でも販売中
 クッション材のみの販売もそれぞれ最低ロットが変わりますが対応しております

ディスプレイあんこ用クッションのプリントについて
差別化・オリジナルティを出すためにブランドロゴをプリントすることがあります。数量が多くプリント色数が1色の場合にはシルク印刷、プリント色数が多く数量が少ない場合は昇華転写プリント・圧着転写プリントで対応することが多いです。中袋のためワンポイント程度の大きさにすることが多いです。またロゴやブランド名を模様のように全体的にプリントすることも可能です。アパレル系の場合は生地を支給して頂いてあんこ用クッションを製作することもできます

ヌードクッションの見積りについて
お見積り依頼に際して、まず最初に定番サイズ(45cm角・40×60cm・150×50cmなど)で安価な物を求めている場合にはネット販売している既製品を探された方が良いです。その既製品に当てはまらない条件・仕様の物を製作したい場合に弊社までお見積り・お問合せ頂ければと思います
@仕様・形状・用途
まずどのような形で製作したいのか教えて下さい。その上でサイズも教えて下さい。商品ディスプレイのアンコとして使用される場合で形状がオリジナルにしたい場合にはイメージ図をご用意下さい。またどのように使用する予定なのか教えて頂ければ生地・中材の選定がこちらから提案できます(もちろん先にご指定して頂いても大丈夫です)
A使用期間
イベント期間の短期間のみなのか、店舗などの常設として使用するのか、普段の日常生活で使用するのか、によってこちらの作り込みが変わる場合があります。もちろんそれによりお見積りも変わりますので大まかでも良いので教えて下さい
B数量・納品先
ウレタンや綿(わた)で製作するクッションは重量は軽くともかさばる商材のため、原価における送料の割合が高いです。そのため数量や納品先によって金額が大幅に変わるので最低でも数量は数パターン、納品先は最低でも都道府県名は教えて下さい

【※お打合せ希望について】
最近、情報収集を目的とした打合せ依頼が多いため、弊社の業務に支障をきたしております。
そのため大変恐縮ですが、お見積り・概算お見積り算出後に条件に合う場合に、次のステップとして
お打合せできればと思います。お手数お掛け致しますがご協力の程宜しくお願い申し上げます



事業領域
ディスプレイ事業