本文へスキップ

創業63年の経験と実績のもと生地手配から加工・プリント
縫製まで請負うファブリック・エージェンシー(生地の代理店)

TOPSales promotionクッション>オリジナル枕製作
TOPOEMクッション>オリジナル枕製作
TOP商材別クッション>オリジナル枕製作

まくらを1個からオリジナル製作致します
支給生地・クッション材充填のみも対応可能
枕のサイズについて
ペアレ ソフトパイル・ピロー(ネイビー) 基本的には43cm×63cm又は50cm×70cmというのが一般的。市販されている枕カバーもこの2サイズが一番多い。ただ40cm×60cmや35cm×50cmなどもありメーカーによって商品によって独自のサイズにしているケースもあります。
そのためサイズ自体は統一されているわけではありません。子供用枕に関しても基本的に統一サイズはありませんが30cm×50cmが多い

枕の側地(素材)について
睡眠時に汗をかきますので吸収する素材や乾燥が速し素材を使用することが多いです。ほとんどは綿(めん)素材ですが速乾を重視したタイプは化繊を使用することも増えています。綿素材の風合いと洗濯後の型崩れのしずらさからT/Cブロード・ツイルなどを使用することもあります。また肌さわりからパイル地(タオル地)やベロアなどの起毛した素材を使用することもあります

枕の中材について
枕の中材は、枕に何を求めるかによって変わります
○ポリエステル綿(わた) ○低反発ウレタン
最近一番多い。ウォッシャブルタイプもあります。品質にグレードがあり良いモノは羽毛のような感触の物もあります ゆっくり沈んでいくのが一番の特長。熱がこもり易いため夏場や汗っかきな人には使いづらい。通気性に難あり。価格によって反発力と復元力のスピードが変わる
○ウレタン ○ウレタンチップ
単体よりも他の素材との組み合わせて芯材としてウレタンを使用されるケースが多い ウレタンの固形物を粉砕した物。わたのように吹込みで充填可能。生地により凹凸感が出てしまう
○発泡ビーズ ○そばがら
伸縮生地との組み合わせで柔らかさ追求。介護・医療用では薄い生地を使用して粒々感がわざと出るようにする仕様にすることもあります 根強い人気の天然素材。湿気に弱いので使用後は日陰干しなどメンテナンスをこまめにする必要があります
○ひのきチップ   ○パイプビーズ・コルマビーズ
ひのきの香りも同時に楽しめます。ひのきチップ単体でも使用されますが、シート状に敷いて使用することもあります   通気性で選ばれることが多い。あまり沈みこまない。最近は柔らかいタイプのパイプビーズ(エラストパイプ)もあります
○パンヤ   ○羽毛(うもう)
ずっしりした感触。以前は多かったが現在はあまり使用されていない    ふんわりした感触。軽い。日本よりも欧米で一般的。通気性は良くない
※香りのするラベンダーやお茶の葉を他の素材と一緒に入れることもあります
※どんぐりコルマ・イオンコルマ・お茶パイプアクアビーズなども取扱いあります
※側地との相性の問題もあるため、その辺りはご相談頂ければと思います
ペアレオンラインや枕のペアレYahoo!ショップ店楽天市場店でクッション材を販売中

枕の形状について
○ノーマルタイプ   ○仕切りタイプ
まくら_ノーマル ただの四角なので、真ん中部分が高くなります マクラ_仕切りタイプ 仕切りを付けることで、それぞれ中材を変えたり量を調整できるようにします 
○真ん中くぼみタイプ   ○頚椎部突起タイプ
まくら_真ん中くぼみ くぼみを付けることで、真ん中の高さが抑えられ頭が持ち上がるのを防ぎ安定させます まくら_頸椎部突起タイプ ウレタン枕で多い形状。基本的に金型でウレタンを注入して製作するので小ロットでこの形にすることはありません
○かまぼこタイプ   ○立体仕切りタイプ
枕_かまぼこ(半円状) 通常の枕ではなく頸椎枕として使用 まくら_立体仕切りタイプ 立体的に仕切ることで細かなラインを表現可能
上記はあくまでも代表的な物でそれ以外の形状も多数ありますしイメージ図を拝見させて頂ければこちらで製作可否のご返答も致します
整骨院・接骨院向けのかまぼこ型の頚椎(けいつい)枕やコの字型のネックピロー(首枕)の製作また整体師の方が考えたオリジナル枕の縫製・製作もしています。施術用の数個程度から患者さんへ販売する数量などどちらも対応致します。サンプル製作で1個からお請けいたしますのでお気軽にお問合せ下さい


枕の仕様
枕は使用用途からも湿気を帯び易いのでカバーと中袋を別々にすることが多いです。クッション材が洗濯可能な場合にはウォッシャブル枕と謳い一体型の直詰めタイプにすることもあります。クッション材にウレタンを使用する以外では基本的にマチをつけない作り込みをすることが多いです。枕は首と頭をサポートする目的のため枕に高さをあまり求めていないからだと思います

枕のプリント
ノベルティ用でオリジナル製作する際に商品名やロゴをプリントすることはあります。ただし枕という用途から全面にシルク印刷のラバープリントをすることはあまりオススメできません。隅にワンポイントでプリントするくらいであれば問題ありません。インクそのものの問題ではなくラバープリントは生地に接着して付けているため使用経過とともにヒビ割れして剥がれてくる可能性があるためです。染めるに近い昇華転写や剥がれにくい圧着転写・生地に縫い付ける刺繍などの方が枕の名入れにはより向いています

オリジナル枕製作のお問合せについて
オリジナル枕製作のお見積りには下記情報をまとめてからお問合せ下さい
@形状・仕様・用途
まずはどのような形状でどのようにしたいのか、そしてどのような用途を目的にしているのかをイメージ図や解説を付けた仕様書をまとめて下さい。そちらをもとにこちらで生地の選定・クッション材の選定・作り込みについてはある程度提案できます。もちろん全て先に決めた上でお問合せ頂いても大丈夫です
A数量・納品先
OEM生産でのお見積りを考えている場合、数量によってかなり金額が変わる可能性があります。またかさばる商材のため納品先によっても送料が変わるので予めお伝え下さい


※ここで言う『枕』は寝具としての使用方法に限って記載している事項が多々あります。足枕・頚椎枕・腰枕など専用(施術など)用枕では該当・一致しない見解もありますことご了承下さい


【※お打合せ希望について】
最近、情報収集を目的とした打合せ依頼が多いため、弊社の業務に支障をきたしております。
そのため大変恐縮ですが、お見積り・概算お見積り算出後に条件に合う場合に、次のステップとして
お打合せできればと思います。お手数お掛け致しますがご協力の程宜しくお願い申し上げます



事業領域
ディスプレイ事業