本文へスキップ

創業62年の経験と実績のもと生地手配から加工・プリント
縫製まで請負うファブリック・エージェンシー(生地の代理店)

TOP業種別>インテリア・雑貨、アパレル系

インテリア・雑貨、アパレル系
インテリ・雑貨店・アパレル系からお問合せ頂く場合にはOEM生産することが多いです。キャラクターなどをプリントしてクッション類を製作する場合と生地を支給して頂いて製作する場合があります。弊社では布製品の中でもクッション類を製作することが多いです。全国展開されているお店の場合、アッセンブルをして各店納品することも過去に行っております。こちらで製作する場合は国内生産がメインになります
ビーズクッション ビーズソファ・テトラ型 ビーズソファ・キューブ型 ボタン付き背当てクッション ビーズソファ ビーズソファ ディスプレイ用クッション


ビーズソファ製作について
ビーズクッションよりもビーズソファの方が雑貨店向けOEMで生産することの方が多いように思います。木工や金具が必要がないためデザインさえ考えられれば初期コストが少なくて済むのと、別注対応でも納期がそれほど掛からないからだと思います(おおよそ2週間程度)。またお店で扱うオリジナル生地で製作することも可能なため差別化が図り易いと思います(支給生地でも製作します)

オリジナルクッションの製作について
アパレル系でオリジナル生地を保有している場合に多いのが、生地を支給して頂いてこちらでクッションの製品にする場合です。定番の四角でも製作しますが、オリジナル形状でも製作することは可能です。最近では動物・楽器・キャラクターなどの形状に沿った形にしたクッションが流行っています。弊社では生地の手配・プリントから製品にするまでをお請けします。またセレクトショップなどからはカバーを輸入してきて、それに合う白無地クッション(ヌードクッション)のみを生産委託されるケースもあります

オリジナルビーズクッションの製作について
雑貨店向けビーズクッションでは一般的なストレッチ素材を使用することよりも起毛系素材を使用して製作することが多いです。ストレッチ素材の安い単価の物は海外生産物が出回っているため、差別化が難しいためだと思われます。ただ起毛素材でストレッチ性に優れた生地も殆どなく、また単価もかなり上がってしまうため需要としてはそれほど多くないように思います

クッションカバー製作について
クッションカバーを製作する場合、オリジナル生地を保有していてそれを活用したいということが殆どです。クッションカバーのみ製作する場合は定番サイズの45cm角にすることが多いです。副資材を支給して頂いてフリルやバイアステープを縫付けることもあります。生地の有り分のみの小ロットでも製作することが可能です。ピスネームも支給して頂いた物を縫付けることも可能です

店舗内装の布装飾について
アパレル店舗のフィッティングルーム用カーテンや店頭ウィンドウの布装飾物の製作を1枚(個)よりお請け致します。もちろん防炎加工・難燃品を使用しての製作になります。生地の種類や素材によりますが、持込み生地でカーテンやテーブルクロス・クッションの製作も可能です

事業領域
ディスプレイ事業