本文へスキップ

創業62年の経験と実績のもと生地手配から加工・プリント
縫製まで請負うファブリック・エージェンシー(生地の代理店)

TOPFabric display幕類>ストレッチフォルム
TOP商材別幕類>ストレッチフォルム

2WAYストレッチ素材のディスプレイ製作について
2WAYストレッチ_屋根部分 2WAYストレッチ_ストレッチフォルム 2WAYストレッチ_天井幕 ストレッチフォルムと呼ばれる伸縮する素材を使用したディスプレイも生地の手配・縫製加工を行います。ご希望条件をヒアリングの上、設置方法を含めたご提案をさせて頂きます
下記のような天井幕・パーテーション・柱隠し・テーブルの支柱隠し・テーブルの足隠しなど製作実績があります。生地のみの卸販売も行っております。また逆に持ち込み生地での縫製のも請けたまわります。その場合には弊社の通常のやり方で製作しますが不測の事態が起こった場合には生地代の弁償はできません。お持ち込み生地の場合弊社が通常使用している生地と伸縮率の違いなど生地の特性が違うと製作方法も変わる可能性があります。そのため仮設検証が必要になりそこから修正する場合があります。サイズは小さい物だと1m角程度のストレッチフォルムから大きい物で7m角や15m長の物・直径12mの物まで製作した実績があります。形状や設置方法により製作方法も変わります

【注意事項】
2WAYストレッチは生地がそこそこしっかりしているため製作したことがない縫製工場でも一見縫製できてしまいますが専用のミシン針・糸を使用しないと実際には縫製できません。普通のカーテン縫製・テント縫製を行っているミシンで縫製するとその時は大丈夫そうに見えても現場でテンションをかけて施工しようとした時に縫い目に穴ができてしまい最悪は破れてしまいます。ご注意下さい。また屋外で使用する場合には半年以上など長期設置する場合にはこの素材は向きません。長時間紫外線に晒されることにより生地のストレッチ性が損なわれだれてきます。屋内でもガラスにUVコーティングされていないと長期間の設置は難しいです。UV加工されているストレッチ素材でも状況はあまり変わりません

ストレッチフォルムの使用例
ストレッチフォルム ストレッチフォルム ストレッチフォルム ストレッチ素材の生地は普通の綿布と違い生地に伸縮性があるので曲線がキレイに表現されます。アクリルだと透明なので透けすぎるという時にイメージに適していると思います
上下でサイズを変えた柱隠しなどを製作することも多くその際には行灯のように中からLEDなどでライティングすることも多いです(生地の外側からスポットを当てることもあります)。あとはスクリーンのようにプロジェクターを当てて文字や映像を映写していることもあります。カッティングシートを貼る場合は粘着剤によっては接着が弱く上手く生地へ付かない場合があります。あらかじめ確認してから作業を進めて下さい(弊社ではカッティングシートの手配はしておりません)。プロジェクションマッピングをする際に投影しづらい対象物・個所でその形状をある程度表現した場合にストレッチフォルムでカバーを製作してスクリーン替わりに利用することもあります。ディスプレイ以外にもテーブルクロスやイスカバーとしてもストレッチ素材を使用した物も製作実績があります

ストレッチフォルムの形状・サイズについて
ストレッチフォルム ストレッチフォルム(映写) ストレッチフォルム 2WAYストレッチ_ストレフォルム 普通の生地と違い伸縮する生地の場合は伸縮率も予め計算して製作します。形状やサイズ・設置方法によって製作サイズや製作方法を変えてきます
弊社では完成イメージ図やステージサイズ・設置方法を伺った上で見積り算出します。製作方法も同様に上記の条件を伺った上で製作します。サイズにつきましては図面等の設置(施工)・仕上りサイズを教えて頂ければ縫製サイズはこちらで算出してお見積り・製作致します。今までに三角柱・四角柱・ドーム型などに被せるタイプや平面でオリジナル形状にした物を製作したことがあります

2WAYストレッチ素材のプリントについて
ストレッチフォルムでプリントする場合、昇華転写(しょうかてんしゃ)プリントが可能です。ただし生地を引っ張りながら設置するためなるべく中心寄りにプリントする必要があります。文字が多いと生地を引っ張って設置した場合に文字が歪む恐れもありますのでできるだけ仮設検証する手間と費用を掛けて製作することをオススメ致します。また全面総柄などプリントする場合に生地を引っ張りすぎるとプリントが薄くなったように見えます。技術的にはシルク印刷も可能ですが生地を伸縮させるとプリントインクが割れてしまいキレイに表現できません。圧着転写(あっちゃくてんしゃ)プリントも可能ですが転写シートの伸縮率が数%程度なのであまりテンションを掛ける場合での使用には向きません
※通常のプリントよりもリスクの高い作業のため、費用・納期の面につきましてご理解下さい
※プリントデータに関する詳細についてはこちらをご覧下さい→
プリントデータ

2WAYストレッチの生地について
通常ストレッチ素材は5mまでくらいしかカットできません。もともと水着などを製作するアパレル系の会社が使用するもので生産計画を元にストレッチ生地も作られます。そのため生地の在庫も資材用に比べれば少なく商品の回転が早い生地でもあります。指定メーカーがある場合にはご確認下さい。ライクラ・ロイカ・テクノファイン・サンペイク・トレンティなど取扱いあります。後防炎加工を施せる生地や防炎認定済み生地もありますのでご相談下さい
品名 サイズ CUT 素材
ツーウェイストレッチ 100cm×50m乱 - p80%pu20%
ツーウェイストレッチ 100cm×50m乱 - n80%pu20%
ツーウェイストレッチ(白) 150cm×50m乱 - p89%pu11%
ツーウェイストレッチ(広巾) 200cm×50m乱 5m p85%pu15%
こちらのページで2WAYストレッチの生地を販売しております
※UV加工や透け防止加工済み生地もあります
※2WAYストレッチは『トリコット』・『オペコット』・『スパンデックス』などとも呼ばれています
  (基本的に伸縮する生地を総称によってもしくは各メーカーによって呼び名が変わります)
※メーカー名・品番を教えて頂ければ生地のみ卸販売できるかご返答できます

ストレッチフォルム製作のお問合せについて
ストレッチフォルムのお見積りに際して下記の情報をまとめて下さい
@形状・サイズ
形状とサイズは設置した時の状態のものを教えて下さい。設計図面でも手書きのイメージ図でも構いません。型枠内に張り込む想定の場合は枠サイズを教えて下さい。また使用予定の生地色も教えて下さい
A納期
複雑な形や特殊な形状・サイズが10m以上になる物の場合は条件によっては試作から開始しなければならず、そのようになると最終納品まで3週間以上と時間が掛かる場合もあります。予め予定納期を教えて頂ければ、どこまでの物であれば製作可能かお伝えすることもできます

【※お打合せ希望について】
最近、情報収集を目的とした打合せ依頼が多いため、弊社の業務に支障をきたしております。
そのため大変恐縮ですが、お見積り・概算お見積り算出後に条件に合う場合に、次のステップとして
お打合せできればと思います。お手数お掛け致しますがご協力の程宜しくお願い申し上げます

事業領域
ディスプレイ事業