本文へスキップ

創業64年の経験と実績のもと生地手配から加工・プリント
縫製まで請負うファブリック・エージェンシー(生地の代理店)

TOP使用別>店舗内装飾

店舗内装飾
こちらは大きく分けて飲食系と非飲食系の2つに分かれます。飲食系では高級店を除いて実用性も考慮した物が念頭にあり、非飲食系ではお店のブランド・商品の世界観をいかに店舗内のディスプレイでも表現するかにこだわっていることが多いです。また商業施設同様に季節ごとに商品の入れ替えとともに店舗内の装飾を変えることもあります
※幕類のデザインについてはこちらのページをご覧下さい
屋内テント_家庭用ツリーディスプレイ 仕切り幕 タペストリー_自動車販売会社 ウィンドウディスプレイ クリスマス用タペストリー のれん_フルカラープリント


飲食店に関する布装飾について
基本的なモノだとお店ののれんテーブルクロス・ランチョンマットなどを製作しています。テーブルクロスは飲食店の場合汚れやすいため撥水加工を施した生地を使用して製作することが多くなっています。お座敷席用のシートクッションを製作することも多いです。重厚な感じのレストランでは舞台幕と同じような雰囲気の生地を使用してカーテンや幕を製作することもあります
【通常装飾】
 ・のれん
 ・テーブルクロス(トップクロス)
 ・イスカバー
 ・ドレープ幕

・店頭幕
・什器隠し布
・バックヤード仕切布
・カーテン

飲食店向けクッション製作について
テーブル席の座席が硬い素材の場合にも座面サイズに合わせて特注でシートクッションを製作することもあります。必要な数量を各店に納品する所まで対応しております。素材は飲み物をこぼされることも多いことからメンテナンス重視で合皮を使用することが多いです。予算だけを気にして安価な素材で製作すると耐久性が弱くすぐに交換することになります(短期間の使用・イベント時のみ使用であれば問題ありません)。そのためカバー地はある程度しっかりした物を使う必要があります。ある程度固定した場合にマジックテープやひもをクッションに縫付けておくことも可能です。屋外のテラス席などでクッションを使用したい場合も屋外対応を素材を使用して製作します
居酒屋用合皮シートクッション シートクッション 居酒屋用合皮シートクッション_ベルクロ付き

店舗(飲食店以外)に関する布装飾について
店舗では天井や壁・柱周りに生地で装飾することが一般的です。それはただ生地を巻いたり垂らしたりします。季節性の演出では『Merry Christmas』や『 Happy Valentine's Day! 』など生地へプリントしてタベストリーをかけることもあります。アパレル店ではフィッティングルームのカーテンも店舗イメージに合わせて既製品を使用せずオリジナルで製作しています。レストラン同様にお店の雰囲気に重厚感を持たせる場合にベルベットを使用した幕を設置することもあります。また化粧品などコスメ全般を陳列している棚に専用のクロスを敷くこともあります。無地の場合もあればブランドロゴを総柄プリントする場合もあります。お店が路面店の場合、ウィンドウディスプレイに洋服と同じ素材で製作したクッションなどを飾ることもあり、そういった物も製作しています。アイキャッチ用のオブジェとして製品と全く同じプリントを施したクッションを製作することもあります。簡易的に布スクリーンを製作して映像を投影する演出も可能です
【通常装飾】
 ・タペストリー・布製バナー・布製リボン
 ・フィッティングルームのカーテン
 ・バックヤードとの間仕切り幕
 ・ウィンドウディスプレイの布装飾
 ・クリスマスツリー展示用簡易テント
 ・ドレープ幕・飾り幕
【主な季節需要】
 ・ハロウィン:紫・オレンジ色の生地が多い
 ・クリスマス:緑・赤色の生地が多い
 ・バレンタイン:ピンク・茶色の生地が多い

店舗・商業施設向けクッション製作について
ロゴやキャラクターのアウトライン形状にしたクッション(ダイカットクッション)の製作を1個から請けています。もちろんオリジナル形状の物は試作づくりから始めます。使用シーンや用途に合せた生地を提案致します。美容院やスポーツジム・温泉施設・遊園地・学習塾・ミニシアター・移動式劇場など向けに製作したことがあります。それぞれの用途に合わせて作り込みも変えています。ただしあまりに複雑な形状や立体感を出す物についてはこちらでは再現できない場合もあります
かまぼこ型クッション シートクッション_ウレタン ダイカット_背当てクッション

生地の加工について
店舗で布製ディスプレイ(カーテン・タペストリー・バナー)を設置する場合には必ず消防の監査が入ります。その際に生地の装飾物へは防炎(ぼうえん)加工が必須になるため、難燃(なんねん)品か防炎加工を施した証明が必要になります。そのため弊社では必要に応じて生地へあとから防炎加工を施しそれで製品まで仕上げます。生地の手配からこちらで行いますのでお手間をかけずに納品が可能です。持込み生地への防炎加工も行いますが、こちらの対応につきましては大変恐縮ですがノークレームでないとお請けできかねます。その理由はこちらでもどのようなリスクがあるかを事前にお伝えすることが難しく、何が起きるのか予測ができないためです。見た目は普通の生地に見えても防炎加工を施すと染ムラが浮き上がり斑模様になってしまったこともあります

布製装飾物について
生花店やラッピングをされている店舗向けに生地のみの販売も行っております。撥水加工やラミネート加工などを施しご希望のサイズにカットした生地を納品することも可能です。どのような生地が希望か条件を教えて頂ければこちらでそれに合う・近い物を提案させて頂きます。また店頭で帽子や靴のアンコになるクッションをオリジナルで製作しています

お問合せについて
ある程度情報をおまとめの上まずメールにてお問合せお願い致します。順次メール内容を確認後こちらから追加情報が欲しい場合にはその旨ご連絡させて頂きます。お電話でのやり取りですとあとで言った聞いてないなどのトラブルになる原因になるため、できるだけ記録に残る形のメールでのやり取りをお願いしております。予めご了承下さい

事業領域
ディスプレイ事業