本文へスキップ

創業63年の経験と実績のもと生地手配から加工・プリント
縫製まで請負うファブリック・エージェンシー(生地の代理店)

TOPテーブルクロス>テーブルクロス製作_基礎知識
TOP商材別テーブルクロス>テーブルクロス製作_基礎知識

テーブルクロスの形状について
基本的なテーブルクロスの形状は風呂敷状とBOX(ボックス)タイプの2種類になります
風呂敷状<ハギなしタイプ>   風呂敷状<横ハギタイプ>
テーブルクロス_風呂敷タイプ_ハギなし テーブルと生地サイズが合えば継ぎハギがない1枚モノの方が綺麗に仕上がります。クロスを掛けた時に側面の角は生地が余ってしまいます。お客様によっては綺麗に畳んで両面テープで留めることもあります   テーブルクロス_風呂敷タイプ_横ハギ 生地のサイズにより裏側にだけハギを入れる 仕様にする場合によく用います。イベントや展示会用ではこの仕様が多い。テーブルの奥行きサイズが変わっても正面から見た時にハギが目立たないようにすることも可能
※左図点線がハギ部分
BOX(ボックス)タイプ   風呂敷状<縦ハギタイプ>
テーブルクロス_ボックスタイプ そのテーブル専用にスッポリ被せる仕様に 縫い合わせします。受付台などで裏側に人が足を 入れる場合には裏側のみ丈を調整することも あります。長期間・グレードの高い生地を使用する場合に選ばれることが多い
詳しくはこちらへ
  テーブルクロス_風呂敷タイプ_縦ハギ 生地のサイズによりテーブルの角に合わせて 継ぎハギを入れます。生地の色を真ん中と両端で変えるなどの場合に使用します。テーブルの横幅が変わってしまうとハギが目立ちます
※左図点線がハギ部分
トップクロス   演台カバー
テーブルクロス_トップクロス クロスを2枚重ねてデコレーションする場合に上に掛けるクロスをトップクロス(ライナー)下に掛けるクロスをアンダークロスと言います。色の組み合わせ生地素材の組み合わせなど状況によって使い分けます    演台カバー(別珍、フレンジ付き) 別珍やベルベットを使用しフレンジを付けた本格的な演台カバーも製作します。また正面部分に刺繍も付けることも可能です。演台カバーに限らずベルベットやエクセーヌ(人工皮革)を使用したクロス・ボックスカバーも製作します

テーブルクロスの製作手順
お客様のイメージが掴め易いように下記のような図をメールに添付してプリントの大きさや生地のハギの位置(生地の縫い合わせの位置)を確認して頂いております
テーブルクロス_展開図 生地の規格・テーブルの奥行き・丈を展開図にしてハギ位置・プリント位置などを確認していきます。またクロスを床まで着く長さにするのか垂れ下がり20cmなどによってもクロスのサイズは変わります。これらにより風呂敷状のクロスのサイズが決まります

テーブルクロス_正面図 実際に掛けた時のイメージ図になります。ここからプリントの大きさのバランスなどを確認して頂きます。風呂敷タイプのクロスはテーブルに掛けた場合、角部分に余った生地が垂れ下がります。ハギ位置は後ろ側にすることも可能です
テーブルクロス_裏側 裏側から見た時のイメージ図になります。後ろ側の生地は見えることがない場合には床までの長さでなく途中でとめることもあります。ただあまり短いと生地をとめるストッパーがないと生地の重みのバランスにより前側にズレ落ちます
 ※上図点線ハギ位置(生地の縫い合せ位置)

風呂敷状テーブルクロスのサイズについて
後側も全て布で覆う5面囲みタイプ
テーブルクロス_風呂敷タイプ 展示会で商品展示のクロスを掛ける際に裏側まで回り込んで見られるレイアウトの場合。ブッフェ(ビュッフェ)・立食パーティなどの宴会場やホテル・結婚式場の披露宴会場・レストランのクロスはテーブルの脚を隠す・空間演出のためにこちらのタイプが多いです
10~30cm程度の垂れ下がりの側面3面囲みタイプ
テーブルクロス_風呂敷タイプ_後ろ垂れ短め 裏側に回りこまれることがない受付台や商品展示手法の場合こちらをタイプを選択する方がコストがかからない場合が多いです。テーブルの奥行きによって、後側の垂れ下がりの長さが変わります。また後ろ側の垂れ下りが全くない・側面部分の垂れ下りなし(2面のみ)なども製作することがあります(垂れ下りの長さは指定できます)

テーブルクロスにハギを入れるか?入れないか?について
これは生地の規格(幅と長さ)に関係してきます。単価や希望色・希望サイズ・希望の生地によって「ハギなし」「横ハギ」「縦ハギ」になるのか決まります。生地は通常89cm~150cm幅くらいが種類が多いので会議用テーブル(W1800×D450×H700mm)を覆うには大体の場合ハギが入ります。最初の条件で「ハギなし」を希望される場合にはその条件下で生地のご提案をさせて頂きます。プリントを正面に入れる場合ハギを入れるとすると殆どが横ハギにしています。またハギを入れる箇所をテーブルの角にくるようにしますのでテーブル上で書き物をしても段差を気にすることなくご使用頂けます(なるべく目立たない位置にしたいので使用するテーブルサイズが予めわかれば教えて頂きたいです)。生地の単価も150cm巾以上になると需要が少ない(特殊な用途)になってしまうため流通量が少ないので生地単価が高くなります。そのためテーブルクロスのサイズが300cm巾などで1枚モノでも製作できる場合でも選ぶ生地によってはハギ加工した方が安価に製作できることもあります。要望により後加工で生地に防炎加工・撥水加工・抗菌防臭加工などできます(詳しくはこちらへ)

※弊社は元々業務用テーブルクロスをホテル・旅館・レストランなどに卸していたのでイベント用に特化しているわけではありませんので常設用の場合もご相談下さい

お問合せについて
ある程度情報をおまとめの上まずメールにてお問合せお願い致します。順次メール内容を確認後こちらから追加情報が欲しい場合にはその旨ご連絡させて頂きます。お電話でのやり取りですとあとで言った聞いてないなどのトラブルになる原因になるため、できるだけ記録に残る形のメールでのやり取りをお願いしております。予めご了承下さい

【※お打合せ希望について】
最近、情報収集を目的とした打合せ依頼が多いため、弊社の業務に支障をきたしております。
そのため大変恐縮ですが、お見積り・概算お見積り算出後に条件に合う場合に、次のステップとして
お打合せできればと思います。お手数お掛け致しますがご協力の程宜しくお願い申し上げます

事業領域
ディスプレイ事業