本文へスキップ

創業63年の経験と実績のもと生地手配から加工・プリント
縫製まで請負うファブリック・エージェンシー(生地の代理店)

TOPテーブルクロス>BOXカバー
TOP商材別テーブルクロス>BOXカバー

BOX(ボックス)カバーとは
テーブルクロス(BOXタイプ) セミナーや展示会などで使用するテーブルが決まっている場合にはBOXタイプのテーブルクロスの方が見た目もすっきりして綺麗ですし掛けるのも簡単です。
風呂敷タイプのクロスは掛けると角部分に生地が余ってしまいます。そのため短時間に大量のクロスを掛ける時は風呂敷タイプよりも時間が掛かりません。風呂敷タイプは位置の調整を掛けながら見なければならず枚数が多いとその手間に時間が掛かりBOXタイプの方が作業効率は上がります。ただし縫製コストで見ると風呂敷タイプの方が簡単なのでBOXタイプの方が高くなります。その辺りは使用頻度や手間・予算によって使い分けて頂ければと思います。同じプリントで風呂敷タイプとBOXタイプを一緒に製作することも可能です。プリントをシルク印刷で行える場合はその方がトータルコストを抑えれます


BOXカバー後側の仕様について
テーブルクロス_四方囲み テーブルクロス_四方囲み テーブルクロス_三方囲み BOXカバーは表(正面)から見た場合は違いがありませんが主に裏側はどのように使用するかによって仕様が変わります
ヒダに関しても上図写真はヒダが入っていますがBOXカバーの場合はヒダなしタイプも多いです。どちらのタイプも製作自体は可能です
○BOXカバー(5面囲み)
BOXタイプ_5面囲み 天面・側面の5面を覆う仕様
新商品の発表会などでテーブルが会場の真ん中に配置されている時などに多く使用されています
○BOXカバー(裏面スリット)
BOXカバー_裏面スリット スリットは裏側の角部分を開閉できるようにする仕様です。主に展示会などで360度人が見て回れる状況の時にこの仕様にします。スリットがあることで中に商品をストックしたり荷物の出し入れをし易くします。スリットがひらひらしないようにマジックテープなどで留める仕様にもできます。両側スリットにすることもあります
○BOXカバー(裏面脇隠しあり)
BOXカバー_裏面脇隠し 受付台として後側に応対者(受付係り)を配置する場合にこの仕様にします。イスに座りながらでも膝がテーブル内に入れられるので立ったり座ったりが楽に行えます。また、テーブル脇からも裏側が見えづらくなります。こちらのタイプは費用の問題か最近ではあまり製作しなくなっています
BOXカバー(裏面垂れ下りのみ)
BOXカバー_裏面垂れのみ 受付台として後側に応対者(受付係り)を配置する場合にこの仕様にします。この仕様は上記の仕様と使用用途は同じですが、テーブルの脇からは裏側が空いているのが見えてしまいます。ただしこちらの方が裏面脇隠しよりも作り込みが簡易になるため多少コストは安くなります
上記以外にも『こんな仕様にしたい』とか『垂れ下りのみにスリットを入れたい』なども対応できるかご相談頂ければ可能なようであればお見積り算出致します。イメージ図など手書きでも構いませんのでFAXやメールでお送り頂けると助かります
上記4つの図は全て裏側から見たイメージ図になります


BOXカバー応用編
演台カバー(別珍、フレンジ付き) あくまでもテーブルに掛けることを前提にしておりますが同じ要領で演台・花台・什器・機材・重機・機器・ステージなどのカバーを1000種類以上の生地から選んで製作することが可能です。仕様も機材や重機の関係で一部分を開閉できるようにしたいとか角に当る部分だけ補強したような形での作り込みも可能です
重機用の場合生地だと耐久性に問題がある場合にはターポリンなどのテント生地など丈夫な物で製作することも可能です。学校関係や公官庁の校章・紋章・寄贈者名などの刺繍を入れたベルベットや別珍の演台カバー・花台カバーをフレンジ付きで1枚より製作致します。白布の無地の物でも1枚より製作致します。寄贈などを検討されている学校関係者などからも実際にお問合せ頂いております。また別の用途ではベッドのマットを置く台座部分に掛けるベッドスカート(ボトムカバー)も同じ要領で製作しております。こちらも希望に合わせた生地選びから製作することができます


・BOXカバーのメンテナンスについて
基本的に洗濯はできないものだと思って下さい。生地が縮んでしまうと入らなくなることが予想されます。特に綿の生地は縮み易いため洗濯後は確実に入らなくなります。汚してしまった場合には、シミ・汚れ取りの専門業者に頼むのが良いです。クリーニング店でもシミ抜きなどできる業者であれば良いですが、いきなり汚れを落とすため洗濯されてしまうクリーニング店ですと縮んで使用できなくなる可能性があります。また畳んで保管する際には、底面マチ付の紙袋と同じ要領で畳むと天面にシワが入りづらくなります。大きさにより天面部分も折り畳まなければいけない場合でも、できるだけ軽く折る程度にした方が良いです

【※お打合せ希望について】
最近、情報収集を目的とした打合せ依頼が多いため、弊社の業務に支障をきたしております。
そのため大変恐縮ですが、お見積り・概算お見積り算出後に条件に合う場合に、次のステップとして
お打合せできればと思います。お手数お掛け致しますがご協力の程宜しくお願い申し上げます

事業領域
ディスプレイ事業